注目情報

良好な胚を「1つ」移植することがベスト

諸外国ではいまだ複数の胚を一度に移植することが行われていますが、

このほど発表されている論文では、

良好な胚を「1つ」移植することがベスト

だとしています。

 

With a good quality blastocyst, single embryo transfer remains the best choice

Abigail Mancuso et al.,

ここで紹介されているDobsonらの研究

(Effect of transfer of a poor quality embryo along with a top quality embryo on the outcome during fresh and frozen in vitro fertilization cycles)

良質な単一胚移植を以下と比較検討しています。

 

2010年から2016年にかけて行われた新鮮胚移植939症例と凍結胚移植1009症例を対象に解析を行いました。

ここでは良質な胚盤胞をTQEとし、低質な胚盤胞をPQEとしました。

TQEの単一胚盤胞移植

PQEの単一胚盤胞移植

TQEを2個胚移植

TQEとPQEの2個胚移植

PQEの2個胚移植

の5郡に分けて、比較を行いました。

これらとの出生率と多胎率を比較したというものです。

 

この結果では、

TQEの単一胚移植と、TQEとPQEの2個胚移植軍を比較しており

新鮮胚移植で26.5% vs. 33.7%

凍結胚移植で24.2% vs. 32.7%

と生産率には大きな影響を与えなかったとしています。

一方で、多胎妊娠の割合は、

4.7% vs. 19%

となり、低質な胚を一つ足すことによるデメリットの高さを強調しています。

それ以外では、PQEを単一胚移植した群では

新鮮胚移植で12.2%、

凍結胚移植で14.6%

PQEを2個胚移植をした群で

新鮮胚移植で21.2%、

凍結胚移植で14.2%

と低い数値が確認された。

TQEを2個胚移植した群では凍結胚移植の場合は40.3%であった。

多胎率は2個胚移植で有意に高かった。

 

こうした研究から考えられるのは、

生産率、多胎率という観点から考えると、

良好な胚を「1つ」移植することがベスト

ということのようです。

 

日本ではごく当たり前に行われていることですし、もちろん当院でもスタンダードな方法です。

 

妊活ノート編集部

妊活ノート編集部

投稿者の記事一覧

妊活ノート編集部です。医療現場での当たり前を、より分かりやすい情報としてお届けします。正しい知識を得ることで、一日でも早い治療卒業のサポートをしたいと考えています。

関連記事

  1. ERAの有効性と子宮内フローラの有効性についての紹介
  2. 肥満と不妊の関係について
  3. 生産率が最も高くなる採卵数は25個 -欧州からの最新報告2018…
  4. 乳がん治療患者が妊娠を希望した場合の休薬期間は?
  5. 40歳以上の妊娠率について
  6. 最適な培養環境は?培養温度について
  7. 漢方と受精卵・胚発育に関する研究
  8. 心理カウンセリングについてのよくある質問について

ピックアップ記事

こちらも注目

PAGE TOP