基礎知識

ARTによって生まれた子どもたちの学力について

体外受精が始まって40年という節目である今年、

より一層の注目が集まっているのが、児の安全性です。

私たちも以下のように発表をしていますが、世界的にも様々な形で、

体外受精児が自然妊娠で生まれたお子さんと何ら変わらないのだという証明がされてきました。

先天異常や奇形などのリスクが高いのではないかというご意見も今では少なくなったように思います。

 

一方で、これからはより一層長期にわたってフォローした時に差がないかということを

見つめていく必要が出てきています。

 

今回は学力について紹介しています。

 

ARTによって生まれた子どもの学力


今迄は安全性という視点での研究が多かったのですが、

今回は学力についての調査です。

School performance in singletons born after assisted reproductive technology

Emma Norrman et al.,

Human Reproduction, Volume 33, Issue 10, 1 October 2018, Pages 1948–1959,

スウェーデンでの研究で、

ARTで出産したお子さんと自然妊娠で出産したお子さんとを比較した大規模調査を行いました。

1985年から2001年の間にART(n = 8323)またはSC(n = 1 499 667)の後に生まれたスウェーデンのすべての単胎児が含まれていました。

小学校の教育スコアなどでの評価を行い、一部では自然出産児の方が優位なようにも思われたが、

有意さはなく、その他の学力においても有意差は認められませんでした。

 

これは北欧のデータですので、日本とは学習環境が異なるかもしれませんが、

少なくとも先天的に有する能力に対して、自然妊娠かART妊娠かということでの差はないものと考えられます。

妊活ノート編集部

妊活ノート編集部

投稿者の記事一覧

妊活ノート編集部です。医療現場での当たり前を、より分かりやすい情報としてお届けします。正しい知識を得ることで、一日でも早い治療卒業のサポートをしたいと考えています。

関連記事

  1. 2細胞期から3細胞期への分割時間と胚発生に関する検討
  2. 精液検査の結果によって健康状態がわかる可能性について
  3. 抗セントロメア抗体について
  4. 出産・流産・死産後の次の妊娠までの期間について
  5. よくある質問:胚を複数移植することはできますか?
  6. ホルモンについての簡単まとめ
  7. 不妊治療の副作用である血栓症を未然に防ぐために重要なD-ダイマー…
  8. 膣内射精障害とは

ピックアップ記事

こちらも注目

PAGE TOP