妊活セミナーレポート

妊活セミナーレポート 8月18日@仙台

先日、仙台院で開催されたセミナーレポートをお送りします。

最近はぐっと涼しくなりましたね。

行楽日和にも拘わらず。多くの方々にご参加いただき、非常に活発な会となった今回、

ついに、参加者満足度が、100%になりました!!

 

ご参加いただいた皆様、有難うございます。

それでは、詳細を紹介してみたいと思います。

 

参加者満足度がついに100%


当院のセミナーでは、患者さまへアンケートを実施しており、

セミナーの全体評価や配布している資料についてお尋ねしています。

今回はそのうち、

セミナー全体を通じてどうだったか

配布された資料についてどうだったか

という項目について、ご回答いただいた皆様が満足、という回答をくださいました。

ご回答いただいた皆様、有難うございます!

 

Q1:前の病院での検査は使えるか?

A:JISARTに加盟している施設の検査結果であれば、1年有効です。

感染症の検査については、新たに受けてもらう必要があります。

 

Q2:子宮内フローラは血液検査ですか?

A:血液検査ではなく、子宮内腔液を吸引して検査を行います。

子宮内細菌叢検査(子宮内フローラ)について

Q3:男性のビタミンDや亜鉛の摂取量は関係ありますか?

A:あります。特に亜鉛については、男性の精液所見との関係性も言われていますし、

最近では抗酸化をするという点でコエンザイムQ10が効果的ということも言われています。

続編:ビタミンDと男性不妊について

Q4:検査の結果で問題ないと言われているものの、結果が出ず、年齢のこともあり焦っている。

ステップアップをしようにも何を基準に判断すべきか、わからない。

A:あくまでもご夫婦での意思が大前提となるので、難しい問題ですが、一緒に考えていくしかありません。

そのうえで、ご理解いただきたい点は、検査で問題なし=不妊ではないということではなく、

原因不明性不妊という位置づけになること、そしてご年齢に応じた妊娠率があること、治療による妊娠率の違い、回数の目安です。

あくまでも一般論ですが、挙児希望が強く、40歳で原因不明性不妊ということであれば、はじめから体外受精を行うという選択肢も現実的ではあります。

もちろん、タイミングや人工授精まででできなければそれでいい、という考え方もあってしかるべきです。

とても難しいのですが、あくまでも、ご夫婦の意思が一番です。

 

このほかにも合計15個以上の質問が飛び交う非常に活発な会となりました。

今後、別の機会にもそうした回答を紹介していきたいと思います。

満足度が100%になったとはいえ、ご指摘いただく改善点はまだまだあります。

これからも、少しでも多くの方の妊活をサポートできるように努めてまいりますので、

よろしくお願いします。

 

妊活ノート編集部

妊活ノート編集部

投稿者の記事一覧

妊活ノート編集部です。医療現場での当たり前を、より分かりやすい情報としてお届けします。正しい知識を得ることで、一日でも早い治療卒業のサポートをしたいと考えています。

関連記事

  1. 妊活イベント2017開催レポート
  2. 妊活セミナーレポート 4月22日@高輪
  3. 妊活セミナーレポート 10月22日@仙台
  4. 働く女性のための妊活セミナー
  5. IVF説明会開催レポート 5月20日@高輪
  6. 妊活セミナーレポート 11月4日@高輪
  7. 体外受精説明会 12月9日@高輪
  8. 妊活セミナーレポート 4月1日@高輪

ピックアップ記事

こちらも注目

PAGE TOP