基礎知識

全粒粉を摂取することで子宮内膜が厚くなる

食生活と妊娠については、様々な報告があります。

特に地中海食は注目され、妊娠との関係が強いことが言われています。

食事(地中海食)と妊娠の関係

妊娠しやすい、という定義を何に求めるかにもよりますが、

今回は子宮内膜の厚さとの関係があるところで、全粒粉についての研究を紹介したいと思います。

 

全粒粉の摂取が子宮内膜を厚くし、着床率・妊娠率を高める


そもそも、全粒粉とは何?という方もいらっしゃるかと思いますが、

全粒粉とは、小麦のすべてを使用しているものです。

小麦粉は、小麦の表皮・胚芽・胚乳という部分のうちの胚乳のみを使用していますが、

全粒粉はこのすべてを使用しているので、ミネラルをはじめとしたたんぱく質など栄養分を豊富に含みます。

 

Maternal whole grain intake and outcomes of in vitro fertilization.

Gaskins AJ et al.,Fertil Steril. 2016 Jun;105(6):1503-1510

 

アメリカでの研究で、2007年から2014年の間に体外受精を実施した273名438周期について、

前向きコホート研究を行いました。

この研究では、全粒粉の摂取量と妊娠率との関係をみたもので、

子宮内膜の厚さの変化、着床率、妊娠率の差を解析したものになります。

 

全粒粉の摂取量に応じて、4つのグループにわけ比較を行ったところ、

全粒粉の摂取量が最も多いグループと最も低いグループとでは、生産率において、

53%対35%と開きがあり、有意さを認めました。

より詳細に細かな数値の比較を行ったところ、両群間での差分として抽出されたのは、

子宮内膜の厚みでした。

 

つまり、

全粒粉を多く摂取する

子宮内膜が厚くなる

着床しやすくなり、妊娠率、出産率が高まる

ということです。

 

この研究によれば、

1日あたりの全穀物摂取量を28g増加させると子宮内膜の厚さの0.4mm厚くなる

としています。

 

全粒粉の食品はパンなどに多くありますが、

全粒粉だけというパンはあまり多くないようですが、

日々食べるものに少し注意を払うことで、妊娠しやすい身体づくりはできていきます。

もちろんですが、全粒粉だけ食べていれば妊娠するわけではありませんので、

何事も適度な範囲で行われるのが良いと思います。

 

妊活ノート編集部

妊活ノート編集部

投稿者の記事一覧

妊活ノート編集部です。医療現場での当たり前を、より分かりやすい情報としてお届けします。正しい知識を得ることで、一日でも早い治療卒業のサポートをしたいと考えています。

関連記事

  1. 子宮鏡検査による慢性子宮内膜炎の診断の可能性について
  2. 不妊と合併した子宮筋腫の治療
  3. 抗精子抗体
  4. 男性不妊とL-カルニチン
  5. 乳酸菌やフローラが与える胎児への影響について
  6. 不妊症患者におけるビタミンD不足と自己免疫疾患の関係について
  7. 卵管性不妊に対するFTの有効性について
  8. 高プロラクチン血症とは

ピックアップ記事

こちらも注目

PAGE TOP