基礎知識

不妊治療の副作用である血栓症を未然に防ぐために重要なD-ダイマーとは

不妊治療を行う上で、想定される副作用にはいくつかのものがありますが、

代表的なものでは、卵巣過剰刺激症候群と多胎妊娠ではないかと思います。

参考:不妊治療の副作用ー卵巣過剰刺激症候群

参考:不妊治療の副作用ー多胎妊娠

 

先天異常について危惧される方もいらっしゃいますが、

全体的にみても当院での調査で見ても、一般の先天異常率と何かが異なるということはありません。

当院では児のフォローアップを以前から精力的に行っております。

昨年のIVF学会では、その成果が認められ、最優秀賞を受賞しました。

第20回日本IVF学会学術集会 森本賞受賞

 

 

不妊治療の重大な副作用 血栓症


不妊治療による重大な副作用の一つに血栓症があります。

卵巣過剰刺激症候群(OHSS)の重症例にも認められますし、

OHSSが重症でない場合でも血栓症は起こりえますし、

発症した場合、場所によっては生命に危険を及ぼす可能性があります。

 

当院はこの血栓症のリスクを以前から重要視しており、

理事長の京野も様々なところで発表をしたり、文献を出しています。

 

血栓症を未然に防ぐための一つの指標および検査としてD-ダイマーというものがあります。

 

D-dimer(ダイマー)とは

Dダイマーとは血液の線溶現象を調べる検査で、簡単に言えば、D-ダイマーが上昇している状態というのは、

血栓が形成されているリスクが高いと考えられます。

生殖医療のみならず循環器などでもよく注目される指標であり、

悪性腫瘍、肝硬変症、大動脈瘤が認められる際などにも評価される指標の一つです。

また、加齢とともにD-ダイマーは上昇する傾向にもあるといわれています。

 

このように、血栓症のモニタリングとしてDダイマーは非常に有用です。

早期から検査を行い、且つこまめにモニタリングし、必要時早期から血栓症予防の薬(内服、注射)を開始することが有効かつ重要です。

血栓症を予防するために、治療開始前に問診とスクリーニング検査(血栓性素因を把握する検査も含む)を行っています。

スクリーニング検査については以下でも紹介しています。

スクリーニング検査の重要性と患者さまからのお手紙 HappyLetters Vol.64

必要に応じて、血栓症を予防する薬(内服、注射)を処方したり、総合病院を紹介するなど、適切な措置を講じます。

ただし血栓症の発症を完全に予防することは困難です。

ふだんから水分を多めにとって脱水を避け、適切な食生活や運動を心がけてください。

排卵誘発剤に限らず、ピル(プラノバール、マーベロン)や黄体ホルモン製剤の一部も血栓症のリスクが考えられます。

下肢の痺れや浮腫みなどの症状が気になる場合は、来院の際スタッフにお問い合わせいただくか、お電話でご相談ください。

 

血栓症を未然に防ぐ自覚症状

また、血栓症の発症には以下の症状(ACHES)と関連することが報告されています。

ACHESを感じたら、薬剤を中止し、救急外来を受診してください。

A:abdominal pain(激しい腹痛)

C:chest pain(激しい胸痛、息苦しい、押しつぶされるような痛み)

H:headache(激しい頭痛)

E:eye/speech problems(見えにくい所がある、視野が狭い、舌のもつれ、失神、けいれん、意識障害)

S:severe leg pain(ふくらはぎの痛み・むくみ、握ると痛い、赤くなっている)

 

 

不妊治療は一定のリスクがあり、その分リターンもある医療だと思いますが、

安心・安全かつ納得の医療を進めることが、今まさに求められていると思います。

何かご不安な点がありましたら、いつでもお問い合わせください。

 

妊活ノート編集部

妊活ノート編集部

投稿者の記事一覧

妊活ノート編集部です。医療現場での当たり前を、より分かりやすい情報としてお届けします。正しい知識を得ることで、一日でも早い治療卒業のサポートをしたいと考えています。

関連記事

  1. 慢性子宮内膜炎の原因不明不妊とART反復着床障害への影響
  2. タイムラプスを用いた受精確認から第一分割までの観察
  3. オメガ3脂肪酸はバランスが大切 男性不妊にも影響があります
  4. 男性不妊と食事 肥満の関係について
  5. 「不妊治療にはいくらかかりますか」という質問
  6. FT(卵管鏡下卵管形成術)の治療・妊娠成績についての論文
  7. 不妊と合併した子宮筋腫の治療
  8. 男性不妊と遺伝について

ピックアップ記事

こちらも注目

PAGE TOP