基礎知識

AMHとテストステロンの関係

卵胞の発育のためには、テストステロン(男性ホルモン)が必要です。

ホルモンについては、一般の方にとってはとても分かりづらく複雑ですが、

以下にもまとめていますので、参考にしてみてください。

性腺ホルモンについて

ホルモンについての簡単まとめ

AMHについて

 

最近とても多いAMHに関する問い合わせですが、

AMH自体は重要な指標ですが、やはり総合的に判断しないといけないことがわかります。

 

AMHとテストステロンの関係


他嚢胞性卵巣症候群の方は、AMHとテストステロンが高いことで知られており、

多くの場合排卵障害や無排卵のような状態になっていることがあります。

 

PCOS(他嚢胞性卵巣症候群)については以下から確認ください。

多嚢胞性卵巣症候群

 

Association of testosterone and antimüllerian hormone with time to pregnancy and pregnancy loss in fecund women attempting pregnancy

Sjaarda LA et al., Fertil Steril. 2018 Mar;109(3):540-548

 

今回紹介する研究は、PCOSでない方で高テストステロン、高AMHの場合には、

無排卵となるリスクが増大することが報告されています。

 

 

18歳から40歳のPCOSと診断されていない健康な女性1198名を対象として、

テストステロンとAMHの高低によるセグメントで比較を行い、

妊娠までの期間(TTP:Time to Pregnant)、妊娠率、流産率などについて調べました。

それによると、この値の変化によって、TTP、妊娠率、流産率などに影響はありませんでしたが、

冒頭に記載した通り、テストステロンが高く、AMHが高いグループに属する方は、

他のグループに属する方と比べると無排卵のリスクが1.58倍高くなるということでした。

 

AMHが高い=妊娠しやすい

というほど簡単なことではありません。

不安な方はいつでもご相談ください。

 

 

妊活ノート編集部

妊活ノート編集部

投稿者の記事一覧

妊活ノート編集部です。医療現場での当たり前を、より分かりやすい情報としてお届けします。正しい知識を得ることで、一日でも早い治療卒業のサポートをしたいと考えています。

関連記事

  1. 不妊治療の副作用である血栓症を未然に防ぐために重要なD-ダイマー…
  2. Happy Letters  Vol.53 卒業された患者さまか…
  3. 不妊症患者におけるビタミンD不足と自己免疫疾患の関係について
  4. 性腺ホルモン(エストロゲン・プロゲステロン)について
  5. Happy Letters Vol.43 卒業された患者さまから…
  6. ホルモン検査などの採血に関するよくある質問
  7. ビタミンDと男性不妊
  8. 鍼灸治療のバージョンアップについて

ピックアップ記事

こちらも注目

PAGE TOP