コラム

生殖心理カウンセリングコラム:セックスレスでお悩みの方へ

こんにちは、生殖心理カウンセラーの菅谷典恵です。

当院のカウンセリングにおいてご相談が多い事柄の1つに、セックスレスがあります。

「子どもを産みたいけど、セックスレスである。」

という状況は大変辛いですね。

 

おふたりでお越しになることもありますが、お一人でいらっしゃることの方が多いように思います。

男性お一人でお話しにいらっしゃることももちろんあります。

セックスレスになった経緯は色々なパターンがありますが、

そのことをめぐって話し合ったりけんかをしたりしているうちに

気分的にうまくいかなくなってしまった、という流れが良く聞かれます。

 

「もう一生このままなのかな・・・」

という不安や、

「こんな状態なのに不妊治療で妊娠するなんて許されないことかもしれない」

という気持ちになります。

 

「こんなことを心配しているなんて、自分だけに違いない。街で見かけるカップルたちはみんなうまくいっているんだろうな。」

とも思えます。

 

女性として、あるいは男性としての自信がなくなったり、

相手を責めすぎてしまった自分を責めたり・・・。

誰かに話してみたいけど、誰に話してみたらよいのかわからない、

どこに相談するのがふさわしいのかわからない、という方は意外に多いのです。

 

「友達に話してみたけど、リアクションに困っていたみたい」

ということもお聞きします。

 

カウンセリングの利点は、

ほかのしがらみがないので話しやすい、

ということです。

なかなか勇気がいることですが、ぜひお話ししにいらしてみてください。

 

クリニックに電話をしていただき、

「心理カウンセリングの予約を取りたい」

とお伝えいただくだけで大丈夫です。

誰にも言えない、というのはつらいものです。

どのようなお話しでもお待ちしています。

妊活ノート編集部

妊活ノート編集部

投稿者の記事一覧

妊活ノート編集部です。医療現場での当たり前を、より分かりやすい情報としてお届けします。正しい知識を得ることで、一日でも早い治療卒業のサポートをしたいと考えています。

菅谷典恵

菅谷典恵

投稿者の記事一覧

臨床心理士、生殖心理カウンセラー、がん・生殖医療専門心理士
京野アートクリニック(仙台、高輪)にて生殖心理カウンセリングを担当。
治療のことはもちろん、仕事と治療の両立、ご夫婦の考えの温度差、あらゆる人間関係など、どのようなご相談でもお受けしています。
治療もプライベートも快適に過ごすためのサポートとなるようなカウンセリングを目指しています。

関連記事

  1. 月経不順と漢方について
  2. 妊活ノートの使い方
  3. 不妊症と精神疾患
  4. 妊娠の可能性を高める食生活7つの法則
  5. 投稿500回目!いつもありがとうございます!!
  6. 社会的卵子凍結が推奨されない理由
  7. 睡眠と不妊の関係性について
  8. 生殖心理カウンセリングコラム 不妊治療は夫婦一緒に受診しましょう…

ピックアップ記事

こちらも注目

PAGE TOP