注目情報

通院中の患者さまの満足度調査@高輪院

当院では、より良い医療の提供を行うため、

1年に2回、通院中の患者さまから匿名でのアンケート調査を行っております。

ご回答いただいた皆様、誠に有難うございました!

 

医療者としては良いと思っていたものの、患者さんにとっては快適ではなかった。

というようなことにならないように、患者さんからの評価を元にチェックをしています。

 

今回の高輪院の結果はどうだったのでしょうか。

 

患者満足度アンケートの結果は


当院では、JISART(日本生殖医療標準化機構)に加盟しており、

厳しい品質基準を維持しています。

外部参照:JISART

 

多くの場合、耳の痛いコメントが多いのですが、

実際に現場の改善で行われる事の多くは、こうしたアンケートでいただいたお声をもとに行われます。

 

高輪院で言うところの日曜診療、朝妊活などのものもあれば、

まとめ会計制度、鍼灸の導入、ブログの解説などもこうしたアンケートから頂いています。

 

詳細のすべてまでは共有できない部分もありますが、

今回のアンケート結果で最も象徴的だった部分では、

 

「待ち時間の満足度が過去最高水準となった」

ことではないかと思います。

朝妊活、まとめ会計、自動チェックインなどの導入により、

2年前と比べると、患者さんが当院に滞在される時間は6割程度にまで縮小されています。

 

実際にお仕事をされている方からすれば、皆様が最も気になる点の一つかと思いますので、

共有していければと思います。

高輪院では午前中の患者さんが多いので、表示としては

午前中の待ち時間(午後の待ち時間)

というように記載しています。

 

一般不妊治療で通院中の方の当院滞在時間:66分(59分)

 

体外受精以上の方の当院の滞在時間:95分(83分)

 

新患の方の当院の滞在時間:127分(95分)

 

 

また、待ち時間を短くする、より早い時間にクリニックを出るポイントとしては、

「ホルモン採血を30分前に受けてしまう」

ことというのを通院中の方が仰っていました。

 

生殖医療の待ち時間の長さの要因の一つに

ホルモン採血を調べるのに30-40分かかってしまい、

それを見るまでは診察を行うことができません。

そのため、ご予約いただいた時間にお越しいただいても、

すぐに診察というわけにならないことになってしまうのです。

 

そのため、時間帯にはよりますが、9時以降の患者さまについては、

30分前からお越しいただくことで、より早くお帰り頂けるようにはなります。

 

1分でも短くなるように、様々な改善を重ねていきます。

これからもぜひ様々なご意見をくださいませ。

 

妊活ノート編集部

妊活ノート編集部

投稿者の記事一覧

妊活ノート編集部です。医療現場での当たり前を、より分かりやすい情報としてお届けします。正しい知識を得ることで、一日でも早い治療卒業のサポートをしたいと考えています。

関連記事

  1. 第20回日本IVF学会学術集会 森本賞受賞
  2. 年齢と流産率の関係性
  3. 精液所見と生まれてくる赤ちゃんの性別の関係について
  4. 男性の加齢と妊娠率について
  5. 妊娠率についての誤解 その②
  6. Happy Letters 卒業された患者さまからのお便り
  7. 新たな卵巣刺激法 ランダムスタートとは
  8. AZF欠失検査とは

ピックアップ記事

こちらも注目

PAGE TOP