Happy Letters

Happy Letters vol.73 卒業された患者さまからのお手紙

当院を卒業された患者さまからのお手紙を紹介しています。

今回は仙台院を卒業された方のお手紙です。

不妊原因は男女半々と言いますが、その中には男女共に原因がある場合もあるのです。

 

(以下、原文ママ)

私達夫婦の不妊の原因は、夫婦ともにありました。妊娠しにくさ2倍。

ですが、なんとなく精神的な負担は1/2だったように思います。

治療している間はとにかく長く辛い時間でした。

体外受精をすると決めてから採卵までの日々、受精させてから子宮へ戻すまでの日々、妊娠判定までの日々…。

いつでも不安と緊張の連続でした。

 

1回目の新鮮胚移植で妊娠できたものの8週で流産。

その後の治療もなかなかうまくいかず、とにかく泣く日々。

治療を中断したりカウンセリングを受けたりもしました。

気付けば3年が経過。精神的にも経済的にも限界となり、最後の1つの凍結胚移植にかけました。

夫とは「努力した結果。養子をむかえることも考えよう。」と話していました。

 

今現在…。

グングンスクスク成長している息子が、いつも私のそばにいます。

息子が生まれてからの1年は必死で、またたく間にすぎ、ようやく今振り返る余裕ができました。

京野アートクリニックのスタッフの皆様には感謝の思いがあふれます。

どうか、この体験談を読んで下さっている皆様もいつかきっと、

次の体験談をつないで下さることをお祈り申し上げます。

 

(お手紙はここまで)

 

なんとなく精神的なつらさは1/2でした。

というコメントは非常に印象的ですよね。

実際に寄せられるご意見では、ご夫婦での行き違いもあり、

治療のつらさだけでなく、意思疎通ができないことでつらさが加わるケースも少なくないように思います。

 

この体験談も多くの方がご覧になっています。

もし何かのヒントになったなら、ぜひ卒業のときには、

お声をお寄せください。

 

 

妊活ノート編集部

妊活ノート編集部

投稿者の記事一覧

妊活ノート編集部です。医療現場での当たり前を、より分かりやすい情報としてお届けします。正しい知識を得ることで、一日でも早い治療卒業のサポートをしたいと考えています。

関連記事

  1. Happy Letters Vol.16 卒業された患者さまから…
  2. Happy letters Vol.20 卒業された患者さまから…
  3. Happy Letters vol.75 卒業された患者さまから…
  4. Happy letters Vol.5 卒業された患者さまの声
  5. Happy Letters vol.96 卒業された患者さま(3…
  6. Happy Letters Vol.60-61 卒業された患者様…
  7. Happy Letters Vol.24 卒業された患者さまから…
  8. Happy letters Vol.14 卒業された患者さまの声…

ピックアップ記事

こちらも注目

PAGE TOP