基礎知識

ビタミンDとART治療(体外受精)の成績について

年々注目度の高まっているビタミンD。

検査をしてみると、非常に頻繁にビタミンD不足であることがわかります。

現在考えられている要因としては、食生活の変化によって摂取量が減少しており、

生活習慣上日光を浴びることが極端に少ないため、体内で合成されない。

ということが考えられています。

 

一方で、ビタミンDの検査は血液検査でできるもので、

治療法はサプリメントの摂取ですから、非常に体への負担の少ないものです。

そのため、セルフケアも含めて、ビタミンDの治療はどんどん行われるべきと考えます。

 

ビタミンD不足を解消すると体外受精の成績が良くなる


ビタミンDと不妊の関係については、以下でも解説しています。

不妊症に対してのビタミンDの効能について

今回紹介する論文は、イギリスで行われた大規模なメタ解析です。

Vitamin D and assisted reproductive treatment outcome: a systematic review and meta-analysis.

Hum Reprod. 2018 Jan 1;33

この研究では、ビタミンDとART治療の関係性を調査し、公表している11研究(2700人の女性を含む)を解析しました。

 

出産率の違いについては、7つの論文(2026人の患者)で報告されており、

ビタミンD不足と比べ、ビタミンDが十分な方々は1.33倍高くなる

としています。

 

妊娠判定時陽性となる確率については、5つの論文(1700人の患者)で報告されており、

ビタミンD不足と比べ、ビタミンDが十分な方々は1.34倍高くなる

としています。

 

臨床的妊娠率については、

ビタミンD不足と比べ、ビタミンDが十分な方々は1.46倍高くなる

としています。

 

流産率については両群に差を認めなかったということです。

 

これらのデータからは、ビタミンDが生殖において非常に重要な役割を果たしている

可能性が示唆されます。

 

非常に大規模な解析を行ってはいますが、治療効果を検証するという意味では、

やはり前方視研究が必要と思います。

実際に、これだけビタミンDが良いと知られ、一般にも流通していると、

飲まないという方が少なく、なかなか研究を実施することが難しさを伴うようには思います。

 

 

 

妊活ノート編集部

妊活ノート編集部

投稿者の記事一覧

妊活ノート編集部です。医療現場での当たり前を、より分かりやすい情報としてお届けします。正しい知識を得ることで、一日でも早い治療卒業のサポートをしたいと考えています。

関連記事

  1. 未成熟卵子成熟体外培養(IVM)
  2. 睡眠障害と不妊の関係について
  3. 喫煙と男性不妊について
  4. 卵子活性化の安全性の検討:誕生した児のその後について
  5. 生化学的妊娠・化学流産について
  6. 妊活していることをオープンにするかどうか
  7. 二人目不妊について
  8. 1前核由来の胚盤胞移植について

ピックアップ記事

こちらも注目

PAGE TOP