コラム

Happy Letters Vol.38 患者さまからのお手紙

毎回、卒業された患者さまからのお手紙をお届けしている

Happy Lettersシリーズですが、今回は通院中の患者さんから

ありがたいお手紙をいただきましたので、ご紹介いたします。

 

(以下、原文ママ)

 

採血のみなさんが

いつもとても優しくて

そしてとても上手なので

採血が苦手な私でも安心できます。

いつもありがとうございます。

私が転院しない理由の一つです。

 

(お手紙はここまで)

 

このお手紙を採血を担当している検査部のスタッフに渡したところ、

大変な喜びようで、お礼のコメントを各スタッフが用意してくれました!

 

 

 

患者さまにストレスを感じさせてしまう事の多い採血で、

このようなお言葉をいただけて、とても励みになりました。

患者さまになるべくストレスを感じさせないよう、

これからも環境づくりに励んでいきたいと思います。

(佐藤)

 

とてもうれしいお言葉ありがとうございます。

どうしても痛みを伴ってしまう採血ですが、

お一人お一人に痛くないと良いなと考えながら採血させて頂いております。

接する時間の短い採血ですが、皆さまともっとコミュニケーションを取って、

安心できる空間を今後も心がけていきたいです。

(朝倉)

 

嬉しいお言葉ありがとうございます。採血という短い時間で少しずつでもお一人一人とコミュニケーションをとり、

安心して通院していただけるような検査室の空間を作りたいと思っています。

これからももっと採血の技術も上達できるよう努力していきます。

(石橋)

 

気軽にお話しできるような検査室でありたいと思っています。

コミュニケーションを大切にしています

(金子)

 

不妊治療という特性上、通常の治療とは比較できない程、

頻繁に採血を行います。一般的には苦手な方も多いですよね。

 

時間は短くとも、頻繁に患者さまと接する中で、少しでも安心していただきたいと

日々技術の習得、知識の習得をこころがけています。

些細なことでも、ぜひお声がけくださいね。

 

今後も、全スタッフで、患者さまを中心としたチームワークの医療を実践していきます。

素敵なお手紙をありがとうございました!!

妊活ノート編集部

妊活ノート編集部

投稿者の記事一覧

妊活ノート編集部です。医療現場での当たり前を、より分かりやすい情報としてお届けします。正しい知識を得ることで、一日でも早い治療卒業のサポートをしたいと考えています。

関連記事

  1. 社会的卵子凍結が推奨されない理由
  2. 【周りの人編】妊活のことを周りに伝えるか?伝えないか?
  3. 不妊治療っていつまで続けるんだろうって思ったときに
  4. 「赤ちゃんは親を選んでやってくる」って本当?
  5. 梅雨の妊娠しやすい体づくり
  6. よくある質問:治療中は楽しみなことを我慢してしまう
  7. 夏休みの過ごし方 「オフ」のすすめ
  8. 【生殖心理カウンセリング】無精子症と診断されたら

ピックアップ記事

こちらも注目

PAGE TOP