基礎知識

プロテインS欠乏症と不妊について

不妊症とプロテインSについての関係性について解説します。

プロテイン?と首を傾げる方もいらっしゃるかもしれませんが、

実は不妊や不育の領域では、非常に重要な指標の1つです。

 

血を固めない働きを持つプロテインS


プロテインSは、血液の凝固(固まる)を防ぐ働きを持ちます。

そのため、プロテインSの数値が下がれば、血液が固まりやすくなりますので、

血栓症のリスクが高まるということになります。

 

ヒトの体の中では、基本的に一定の圧力・スピードの中で血液が巡っていますが、

こと子宮・胎盤に関しては全く環境が異なり、血液の流れるスピードが非常に遅く、

血液が固まりやすい環境にあります。

 

胎盤に血栓ができれば、流産あるいは死産のリスクが高まる可能性があります。

 

プロテインS欠乏症によるリスク


プロテインS欠乏症は欧米人よりも日本人に多く見られます。

プロテインSは妊娠するとおおよそ半分にまで低下することで知られており、

仮に妊娠前に100であれば、50まで下がることになります。

 

プロテインS欠乏症の定義としては、

妊娠前であれば、おおよそ60%未満をプロテインS欠乏とし、

妊娠中であれば、30%未満を同じように考えられています。

 

実際の研究では、プロテインS活性が60%未満で無治療でいた患者の流産率が

通常と比べて高かったなどの報告がされているほか、

妊娠合併症のハイリスクな症例との相関性が高いことが数多く報告されています。

 

一方で、治療方法としては低用量のアスピリン療法やヘパリンを用いた治療などで高い治療成功率が確認されているものでもあります。

そのため、最も怖いのは、プロテインS活性が低いということを知らない状態になってしまうことかもしれません。

 

授かりやすい体は産みやすい体とつながっていますので、

不安な方は一度検査を受けてみても良いと思います。

 

妊活ノート編集部

妊活ノート編集部

投稿者の記事一覧

妊活ノート編集部です。医療現場での当たり前を、より分かりやすい情報としてお届けします。正しい知識を得ることで、一日でも早い治療卒業のサポートをしたいと考えています。

関連記事

  1. 一般不妊治療における卵巣刺激について
  2. 最適な培養環境は?培養温度について
  3. 生化学的妊娠・化学流産について
  4. 生活習慣病と男性不妊(勃起障害)について
  5. 携帯電話や電磁波と精子の関係
  6. 子宮内膜症はどれくらいの人に発症するか?
  7. 良好胚(初期胚)と子宮内膜との相互作用
  8. 人工授精の注意点や体外受精との違いについて

ピックアップ記事

こちらも注目

PAGE TOP